専門的な知識や技術を学ぶ場合、特に伝統的な技術職などはその道のプロに弟子入りするような形で学んでいくこともあると思うのですが、現在では多種多様な専門学校が多くなってきていますので、国内のみならず外国人からも注目を集めています。

その中の一つとして、イラストレーターになるためのスキルを磨くことができる専門学校があり、イラスト制作における基礎を学ぶのに有効な環境となっています。

しかし、イラストの専門学校は数多くありますし、どんなところに注目して選べばいいのか分からないという方もいると思いますので、この記事ではイラストの専門学校の選び方や通うことで得られるメリットについて紹介していきます。

イラストの専門学校の選び方

イラストの専門学校に通いたいと思った場合、調べていない段階では選択肢がそこまで多くないという印象がある方もいると思います。

しかし、調べてみると実は多くの学校がありますので、どこに決めたらいいのか悩んでしまう方は少なくないと思います。

そこで、ここではイラストの専門学校の選び方や注意点について紹介していきます。

なお、イラスト専門学校のおすすめや選び方はこちらのサイトも参考になります。

イラストの専門学校を選ぶ上でのポイント

イラストの専門学校は、規模や施設などによって学べる環境が異なっていますし、学校に勤める人材によっても身につくスキルやコストパフォーマンスに違いが生まれてしまう可能性があります。

それを踏まえまして、ここからはイラストの専門学校を選ぶ上ででのポイントをいくつか紹介していきます。

●学校の施設や設備

イラスト制作を行う場合、イラストレーターにとって必要な道具が揃っているのかも大切なポイントとなっており、特に現在ではデジタル化が進んできていますので、実際に職業としてイラストを制作する際にはデジタル機器を用いるようになることが想定されます。

しかし、学校で使用されているイラスト制作ソフトが古いものを使っている場合もありますので、基本的な操作方法に大きな違いはなくても設備の質をチェックしておくことにマイナスの要素はありません。

●指導を務める講師

イラストレーターを職業として行う場合、目標としてリスペクトすることができる人がいることによって制作意欲の向上やモチベーションの維持などに繋がってくると思うのですが、専門学校で習う上でも同じようなことが言えます。

専門学校の講師陣の中に憧れる人がいることでやる気の向上に繋がりますし、認められるようにするためにスキルを磨くことが喜びにも繋がっていきます。

ただし、憧れる講師がいないからといって完全に否定するわけではなく、一つの付加価値という意味合いで押さえておいてください。

●入学から卒業まで学費

イラストの専門学校だけに該当するポイントではないのですが、何かを学ぶ際のほとんどが費用面を重要視してどこにするのか選んでいる方は多いと思います。

ここでのポイントは、1年生の時にかかる費用はどれくらいかや、2年生の時にかかる費用にかかる費用はどれくらいなのかなど細かく分類して確認することが大切となっており、学費が高いと感じた場合は選択肢から除外するのではなく、なぜ高いのか考えるのも重要です。

また、学費が安い時でも同様に考察し、表面上の価格だけではなくコストパフォーマンスを重視して選ぶことをおすすめします。

●専門学校の就職実績

イラストを含む様々なジャンルの専門学校は、専門的で高い知識や技術を身につけることが可能となっており、その専門分野においては就職に関して有利に働く場合があります。

ただし、卒業後の就職に関しては専門学校の就職実績も重要な要素となっており、実績の中に自身が希望する就職先があるかについて事前に確認しておくことで先を見据えた計画が立てやすくなります。

●都道府県から認可を受けているか

専門学校は、都道府県からの認可を受けて設立されているのが一般的なのですが、仮に認可を受けていない専門学校だった場合は卒業しても正式な学歴として認められず、そのことによって将来に大きく影響を及ぼします。

そのため、認可の有無を含める専門学校に関する詳細な情報は事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

イラストの専門学校を選ぶ際の注意点

イラストの専門学校だからとはいえ、学校ごとに特徴や個性がありますので適当に選んだり妥協しすぎたりすると自身が望んでいたスキルが習えない場合もありますし、その先の就職したい職業に繋がらないという様々なマイナス要因の可能性が出てきます。

イラスト専門学校によってカリキュラムが違いますし、それを教える講師陣や道具などの設備などにも違いがありますので、あくまでも将来を見据えた専門学校選びをすることが大切です。

それに加えて、専門学校の質に深く関係している学費の高さを考慮し、安いことを重要視しすぎると満足のいくスキルアップが望めない可能性もありますので注意が必要です。

イラストの専門学校に通うことで得られるメリット

イラスト制作の勉強は独学でも不可能ではないのですが、イラスト制作の基礎からしっかり学ぶことができる専門学校に通うほうがおすすめと言えます。

その理由としては、専門学校に通うことで独学で勉強するよりも得やすいメリットがあるからです。

そこで、ここではイラストの専門学校に通うことで得られるメリットを紹介していきます。

適した環境で学べる

基本的にイラスト制作などが好きで専門学校に通うことを決める人が多いと思いますので、環境そのものが好きなものに囲まれていることでスキルアップやモチベーションアップに繋がっていきます。

また、専門学校にはイラスト関連で役立つ本がたくさん置いている場合が多く、借りて持ち帰ることも可能となっている場合がありますので、そういったものを有効活用できるのも魅力の一つです。

同じ志を持つ学生と身近になれる

イラストの専門学校に通う生徒たちは、基本的に絵を描くことが好きな人たちが集まってきますので、気が合う友人ができやすい環境となっています。

それによって専門学校に通うことが楽しみになるというポジティブな印象になりますし、自分と同じような志を持った人と身近になることによって刺激にもなりますので、一人っきりの独学では得られないメリットがあります。

イラスト制作に用いるグラフィックソフトの基礎が学べる

イラスト制作に用いるグラフィックソフトは独学でも勉強することができるのですが、導入編などの基礎的なことを人から学ぶことによって後々の勉強がスムーズになります。

また、講師が近くにいる場合、不明な点は質問することによってすぐに説明してくれますので、解説書などを自分で調べて解決するよりも時間効率が優れています。

人脈やコネを作れる可能性がある

専門学校にはプロのイラストレーターが講師を務める場合がありますし、教員がイラスト業界に知り合いがいる場合もあります。

これは将来に繋がる重要なポイントとなっており、イラスト業界の人脈やコネを作るチャンスとなっています。

これはイラストレーターになるためだけではなく、仮にイラストレーターになることを断念した場合でも、その仕事に近い就職先を紹介してもられることがありますし、教員として採用してくれることもあります。

そのため、色々な可能性を高めるためにも、講師や教員とできるだけ交流を持つことが大切です。

まとめ

イラストの専門学校は、同じような志を持つ学生たちと基礎からしっかりと学べる場所ではあるのですが、専門学校でできた友達と楽しみすぎて学ぶ気持ちが低下してしまい、専門学校を中退してしまう人も少なくありませんので、それを防ぐためにも卒業するまで学びたいと思えるような講師がいるところを選ぶようにすることをおすすめします。

参考URL・参考文献・根拠など

https://nt-text.net/comparison/vocational-school/