せっかく入ったのに!イラストの専門学校を途中で辞めてしまう5つの理由

希望を持ってイラストの専門学校に入学しても、途中で辞めてしまう方もいます。

では、そのような方たちは、どのような理由で専門学校を辞めてしまうのでしょうか?

ここでは、イラストの専門学校を途中で辞める理由を紹介していくので、イラストの専門学校に入ろうと思っている方は参考にしてみてください。

辞める理由を知っておくことによって、途中で辞めることを防げることもあります。

経済的理由

「イラストを上達するぞ」と強い思いを持って専門学校に入っても、経済的理由で辞めてしまう方もいます。

多くの経済的理由というのは学費が払えなくなることで、専門学校に通うには当然お金を払う必要があります。

学費は安くはないので、毎日切り詰めて生活している方にとって学費を払うことは大変なことです。

やる気があっても、経済的な理由で学費が払えなければ、途中で辞めても仕様がないですよね。

学費を稼ごうとしてバイトが忙しくるなる

中には、学費を稼ごうとしてバイトを入れすぎてしまう方もいます。

バイトを入れすぎることで学校に通うことができなくなるのは、本末転倒です。

専門学校に通うためにバイトをしているのに、バイトのせいで学校に行けなくなっては意味がありません。

学費を稼ぐためにバイトをするのは仕方のないことですが、学校に通える範囲でバイトをするようにしましょう。

思ったよりもイラストのレベルが低い人が多いから

イラストのレベルが低い人が多いという理由で、イラストの専門学校を辞めてしまう方もいます。

イラスト関係の仕事に就きたくて、イラストの専門学校に来るくらいの人達だから、周りのレベルは高いと思っている方もおり、レベルが高い人達の中で勉強することによって上達できると思い入学する方もいます。

しかし、専門学校に入る人は、必ずイラストが上手いとは限らず、ただ単にイラストが好きという理由で入る人もいます。

イラストを基礎から学ぶために行く学校なので、イラストがヘタな方たちが多くいても当たり前で、レベルの高い方はほんの一握りくらいだと思った方が良いです。

イラストのレベルが高い人達の中で、刺激し合って上達できると考えて入学した人は、周りのレベルが低いことでショックを受けてしまい、辞めたいと思ってしまう方もいます。

始めからイラストが上手い人なんていないのだから、入学した頃はレベルが低い人が多いのは当たり前といえば当たり前です。

イラストのレベルが高い人が少ない理由

先程も話したように、始めからイラストが上手い人なんていなく、イラストをこれから学ぼうとして入学する人が多ければ、周囲のレベルが高くなくて当然です。

イラストの専門学校というと、なんだかイラストが上手い人達の集まりみたいな気がしますが、多くの学校は実技試験を行っていません。

つまり、イラストがヘタでも入学できるということになります。

イラストがヘタでも入学できることから、「現時点でイラストが上手くないけど、イラストに興味がある」という人も多く入学することになります。

また、「大学には入れないから、とりあえず専門学校に行こうかな?」と思うイラスト好きの方もいることでしょう。

大学の場合、試験に合格しないと入れませんが、実技試験のない専門学校の場合は簡単に入ることができます。

それらの理由から、入学した頃は、周囲のレベルはそれほど高くないといえます。

自分のレベルと授業のレベルが合わない

イラストの専門学校を途中で辞める理由として、自分のレベルと授業のレベルが合わないということも挙げられます。

イラストの専門学校にはイラスト初心者も多く入学するので、始めからレベルの高い授業を行うことはできません。

初心者を効率的に上達させるためには、基礎から教える必要があります。

ですが、レベルが高い人にとって基礎の授業は退屈に感じてしまいます。

退屈に感じることによって、「高い学費を払って専門学校に通っていても意味がないんじゃ」と思ってしまう場合もあり、学校を辞めてしまう方もいるのです。

基礎から学び直すことも成長のためになる

入学した時からイラストのレベルが高い方でも、「基礎から学び直すのは自分のためになる」と思う方もいます。

そのような方は、途中で専門学校を辞めることはないでしょう。

基礎から学び直すということは、人によっては時間の無駄に感じてしまいますが、人によっては成長するのための発見をすることもあります。

そのため、「そんな基本なこと知っているよ」ということを学び直すのは、無意味なことではない場合もあるのです。

「意味がない」「時間の無駄」などといってる方は、自分がレベルアップするチャンスを逃しているかもしれません。

好きでなくなったり飽きたりしたため

イラストの専門学校を途中で辞めてしまう理由として、イラストを描くのが好きではなくなったり、飽きたりしてしまうこともあります。

イラストの専門学校は、当たり前のことですが、年がら年中イラストの勉強をします。

毎日イラストの勉強をすることによって、好きだったイラストが嫌いになったり、飽きたりしてしまうことがあります。

そのようになってはイラストへの情熱は冷めてしまい、専門学校を辞めることを考えてしまいます。

確かに、好きでもないことを毎日勉強するのはとても辛いことですからね。

途中で辞めるのは勿体ない

イラストへの情熱が冷めたとしても、途中で辞めるのは勿体ないことです。

せっかく高い学費を払ってまで勉強してきたのですから、卒業するまで頑張るべきです。

卒業まで頑張ることによって、もしかしたらイラスト関係の仕事に就けるかもしれないし、他の職業に就くにしても有利になります。

そこで、「嫌いになったイラストの仕事に就いても仕様がないじゃん」と思う方もいるかもしれませんが、再びイラストが好きになる可能性もあります。

そのため、卒業しておいて損はないので、途中で辞めようと思った時はすぐに辞めるのではなく、今一度よく考えるようにしてください。

希望しているところに就職できないと思って辞めてしまう

イラストの専門学校を卒業したからといって、必ずイラスト関係の就きたい仕事に就ける訳ではありません。

専門学校を出た後に希望していた仕事にすぐ就ける方は、それほど多くはありません。

では、イラスト関係の仕事に就けない方はどのような仕事に就職しているのかというと、当然イラストとは関係のない仕事に就いています。

また、就職しないでアルバイトをしてフリーになる方もいます。

そのようなことから、「イラストの専門学校に行っても意味がないのでは?」などと思い、専門学校を途中で辞めてしまう方もいます。

学校に通っていて一生懸命イラストを学んでいても、希望のイラスト関係の仕事に就けるとは限らないので、途中で諦めて辞めてしまうのも仕方ないことでしょう。

卒業することは良いこと

先程の話から、「専門学校を卒業しても意味がないんでは?」と思う方もいるかもしれませんが、卒業まで頑張って無事に卒業することは良いことです。

卒業まで通うと学費はかかりますが、卒業という証を貰うことができ、新卒で就職活動することができます。

卒業するのとしないのとでは、就職したい企業からの評価は変わってくるので、就職に絶望することがあっても途中で辞めないで最後まで通うことをおすすめします。

ですが、「良く考えた結果、卒業まで頑張るのはどうしても時間の無駄」という場合は、辞めても良いかと思います。

まとめ

イラストの専門学校に通う前に、ここで紹介した辞める理由を知っておくことによって、「あ~、こんなことで辞めるんだ」と思い、専門学校に通う上での心構えをすることができます。

心構えをすることによって、途中で辞めることを防ぐことができる場合もあります。

では、毎日専門学校に通って勉強するのは大変ですが、イラストを嫌いにならないように、卒業するまで頑張ってください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://shingakunet.com/journal/column/20170327197077/
https://karenavi.com/vocational-yametai
https://akiramiyagawa.com/quit-the-professional-school-reason/