ヘタでも問題ない?イラストの専門学校に入学する人はどのくらい上手いのか

絵を描くのが好きで、将来イラスト関係の仕事に就くためにイラストの専門学校に入りたいけど、自分の絵に少し自信がないという方もいるかと思います。

自信がないと、専門学校に入るのを躊躇ってしまいますよね。

入学してから自分だけイラストがヘタだと、なんだか場違いな気がして、通うのが嫌になりそうになるため、入るのを躊躇うのは仕様がないです。

では、イラストの専門学校に入学する方は、イラストがどのくらい上手いのでしょうか?

入学した頃の周りのレベルはそれほど高くない

他の学校と同じように、イラストの専門学校は1つではありません。

そして、学校が違えば雰囲気やレベルなども違ってきます。

そのため、イラストが上手い人が多い専門学校がある可能性はあります。

ですが、イラストの専門学校に入学したばかりの頃は、あまり上手くない人が多いといわれているので、イラストの初歩的なことも分かっていないような方は多くいることでしょう。

初歩的なことが分かっていないからこそ、授業の始めの頃は基礎から教えます。

基礎がきちんとしていないと、それを応用することはできないため、基礎から教えるのは当然といえば当然です

基礎が分かっていない人が多いからこそ基礎からしっかり教えるので、入学した人の多くはイラストのレベルはあまり高くないと言えます

本当に基礎から教えているのか気になる方は、インターネットでホームページなどを見たり、パンフレットを見たりして確認してみると良いです。

それらを見て確認することで、本当に基礎から教えているのか分かることでしょう。

授業についていけるか不安になることはない

先程も話したように、専門学校では分かりやすく基礎から教えるので、イラストがヘタだとしても授業についていくことができます。

イラストがヘタなら、真面目に授業を受けて一生懸命努力すれば良いだけです。

とはいっても、イラストが上手い方でも真面目に勉強して努力することは大切です。

ですから、自分のレベルが低いことで、「専門学校に入っても、授業についていけないんじゃ」と心配する必要はありません。

確かに、イラストのレベルが低すぎると、周りとの差が大きすぎて不安になることもあるでしょう。

基礎をちゃんと学び、努力して少しずつ上達していけば問題ないので、自分のレベルが低いからといって授業についていけるか不安になることはありません。

ただ通うだけでは上達しない

専門学校に入学した頃は、イラストがヘタでも問題ありませんが、入学してからは努力する必要があります。

専門学校にただ通うだけではイラストはなかなか上手くなりません。

他のことでも上達するには努力が必要なように、イラストをレベルアップさせることにも努力が必要になります。

専門学校に入る前から絵を描くのが上手い人は、努力をしてきた人です。

自分で勉強し、イラストを多く描いてきて努力してきたからこそ上手いのです。

そのように、専門学校に入った頃の画力の差は、努力をしてきたかしてこなかったかの差になります。

せっかく専門学校に入っても努力をしないで、ただ授業を受けているだけでは上達することは難しいです。

それなりに上手くなるかもしれませんが、レベルが1から2や3、または5に上がる程度です。

なかにはレベルが格段に上がる方もいますが、それはほんの一部です。

レベルを10や15、または20に上げたいのなら、努力をする必要があります。

入学した頃はヘタでも全く問題ありませんが、イラストの専門学校に入る前から「努力する」という覚悟を持つようにしましょう。

イラストがあまり上達しない人もいる

イラストの専門学校に入る方の中には、努力するという強い心を持たずに入る方もおり、レベルが低いままの方もいます。

そのような方は、周りとの実力の差にモチベーションが落ちたという訳ではないでしょう。

なぜなら、専門学校に入って始めからイラストがずば抜けて上手い方は、ほんの一部だからです。

ですから、レベルが低いままの方は周りとの実力の差にやる気がなくなったわけではなく、ただシンプルに努力を怠り、あまり上達しないまま卒業を迎えただけなのです。

「そのような人はあまりいないでしょ」などと思う方もいるかもしれませんが、実際多くいます。

卒業までレベルが低いままの人がいることから、絵がヘタでもイラストの専門学校に入学することは問題なく、途中で辞めることなく通い続けることも可能です。

イラストを描くレベルが低いままだと就職が難しい

向上心がなく、努力を怠ってイラストのレベルが低いままだと、希望しているイラスト関係の仕事に就くことは困難になります。

イラストの専門学校に通っている方の多くは、イラストの仕事に就きたいから通っています。

ですが、レベルが低いままの方はそうした職業に就くことができないため、専門学校に通っていても無駄になってしまいます。

無駄というと、全く意味がないように思えますが、基礎など多少の知識は身につけることはできます。

しかし、希望しているイラスト関係の仕事に就くことは困難です。

イラストを描く基礎などの知識があっても、イラストを描く技術がないと採用されることは難しく、画力が低くても何か突出したものがあれば採用されることはありますが、そのようなものを持っている人はあまりいません。

ですから、絵を描くレベルが低いままだと、イラスト関係で就職できるところを見つけるのはできないでしょう。

そのため、イラストの専門学校に入るのなら、現状絵がヘタでもしっかり努力し続けて上達することが就職への近道になります。

やる気がない人とはつるまない

もし、あなたの周りにやる気がない人がいるなら、できるだけ避けるようにすることをおすすめします。

やる気がない人とつるんでいると、自分もやる気がなくなってしまう可能性があります。

自分のやる気がなくなってしまうと、当然イラストを描くのが面倒になり、なかなか上達しなくなってしまいます。

また、授業を受けるのも面倒になり、サボってしまう可能性もあるため、あなたの周りにやる気がない人がいるなら、その人とはあまり関わらないようにすると良いでしょう。

絵がヘタな方は授業以外で努力する時間を確保できるかが重要

絵がヘタだけど、将来イラスト関係の仕事に就きたくてイラストの専門学校に入りたいと思っているなら、専門学校に入った後にちゃんと努力できる時間を確保できるのか確認してから専門学校に入るのか決めると良いです。

前述した通り、イラストの専門学校に入る場合、絵がヘタでも入ることはできますが、努力しないと希望している仕事に就くことは難しいです。

努力するには努力する時間が必要になります。

努力しようと思っていても、イラストに費やす時間がないと当然努力することは難しくなります。

ですから、専門学校に通っても、自宅で努力する時間を確保できないという方には、イラストの専門学校に入ることはおすすめできません。

そうは言っても、自宅で努力しなくても専門学校の授業だけで上達する方はいるため、家で努力する時間を確保できない方に、絶対入らない方が良いということを一概に言うことはできません。

しかし、努力する時間が多いほどレベルアップすることは間違いないので、授業以外で努力する時間を確保できないと大変です。

時間を確保できない方は

先程、絵がヘタな場合、授業以外で努力する時間を確保できるかが重要ということを話しました。

しかし、アルバイトなどで時間を確保するのが難しい方もいることでしょう。

そのような方は、専門学校に入る前に独学で、できるだけイラストを上達させておくと良いです。

まとめ

イラストの専門学校に入った当初は、みんながみんな絵が上手いわけではないため、絵を描くレベルが低くてもイラストの専門学校に入学することは可能です。

しかし、専門学校に入ったら努力をすることは必要で、努力をしないとなかなか上達しません。

上達しないと就職に影響してしまうので、努力できるのかも含めて専門学校に入るのか決めましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://ima-color.net/2018/07/01/school_kannsou/
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11143486896?__ysp=44Kk44Op44K544OIIOWwgumWgOWtpuagoSDjg5jjgr8%3D
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1179193731
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1285909347