イラストの専門学校で将来のプラスになる点は?注目すべき5つの特徴

イラストレーターとして働くためには、専門学校で必要なことを学ぶ方法があります。

そこで気になるのは、「本当に仕事のプラスになるのか」ということです。

将来のためになる要素が少ないのであれば、無理に通う必要はないことになります。

しかし、実際にはいろいろとメリットがあるので、安易に選択肢から外すのはおすすめできません。

では、どんな点がプラスになるのか、詳しく説明していきましょう。

基礎から応用まで幅広く学べる

将来の仕事のためには、さまざまな知識や技術を幅広く習得することが大切です。

どこか一部分だけ学んでいると、あとで困ることになってしまいます。

例えば、応用の部分をがんばって勉強しても、基礎が身についていなければ、どこかでボロが出るものです。

土台となる部分をしっかり固めておかないと、仕事を始めても、スムーズにこなすことができません。

また、基礎しか身についていない場合も、現場で求められることを処理しきれなくなります。

専門学校では、そうしたバランスの悪い学び方を避けることができるのです。

基礎から応用まで、広範囲をカバーしているため、偏ることがありません。

将来の仕事に備えて、必要なことは残らず習得していきましょう。

レベルの高い授業ばかりではない

専門学校には、「初心者だと置いていかれそう」というイメージもあるため、初めてイラストを学ぶ人は、不安を感じたりするものです。

ついていけないようなら、独学でマイペースに勉強した方がようさそうに思えてしまいます。

しかし、実際には心配する必要はありません。

専門学校なら、きちんと基礎から教えてくれるので、初心者でも困ることはないのです。

仕事のために必要なことを、一からじっくりと学ぶことができます。

アナログも

現在はデジタルで描くことが多いため、「アナログの知識や技術はいらないかな」と感じることもあります。

しかし、アナログができないなら、デジタルでうまく描くことも難しくなってしまいます。

デジタルの上達のためには、やはりアナログも押さえておくべきです。

そんなときは、ぜひ専門学校をチェックしてみてください。

いろいろなことを幅広く教えてくれる専門学校では、アナログの授業もしっかりやってくれます。

デジタルとアナログを両方学び、将来の仕事に役立てましょう。

実践的な授業があるか

将来のプラスになる点に注目するなら、企業課題や実習など、実践的な授業もチェックしておいてください。

そうした授業をたくさんこなしていけば、現場で求められるものを知ることができるのです。

何もわからないまま仕事を始めるよりは、ある程度把握していて方が、スムーズに進められるものです。

実践的な授業の多さは、就職率にもつながるポイントなので、よく見て選ぶようにしましょう。

機材をたくさん使える

専門学校に通っていると、自分で購入しなくても、イラストに必要な機材を使うことができます。

これは、独学にはない専門学校ならではのメリットです。

機材をたくさん使いたくても、すべて1人で解決しなければならない独学では、なかなか難しいこともあります。

お金の問題で、しっかり揃えることができないのです。

しかし、専門学校なら悩むことはありません。

遠慮せずにどんどん使い、レベルを上げていきましょう。

ただし、設備の新しさには注意してください。

古い設備の学校では、仕事で使うかもしれない最新の機材を置いていないことがあるのです。

将来のプラスになる点を重視するなら、やはり新しい設備がおすすめです。

新しい機材に慣れておけば、仕事で困ることも少なくなります。

プロからいろいろなことを学べる

専門学校では、すでにイラストレーターとして活躍しているプロを講師に招き、特別授業を行うことがあります。

これも、独学では得られない大きなメリットになります。

プロが講師を務める授業では、リアルな業界の話や、貴重なノウハウなど、将来のプラスになる要素をたくさん吸収することができます。

その点に魅力を感じるならは、ぜひ専門学校に通うことを検討してみてください。

質問して深く理解

講師に質問すると、答えだけでなく、そこにたどり着くまでの過程も含めて、丁寧に教えてくれます。

ネットで調べて1人で勉強するときは、過程を省いた答えだけが出てくることも多ため、少し注意が必要です。

答えをだけを黙々と覚えるだけでは、あまり役に立ちません。

肝心なところがすっぽり抜け落ちているため、上辺だけなぞったような頼りない知識になってしまいます。

「どうしてそうなるのか」ということまで踏み込み、深い理解をしなければ、実のある勉強はできないのです。

専門学校できちんと教えてもらえば、それが可能になります。

わからないところは積極的に質問し、本当の意味で将来のプラスになる勉強をしましょう。

モチベーションを上げて学ぶ

専門学校を選ぶときは、誰が講師なのか、しっかり確かめておくことをおすすめします。

憧れている人や尊敬している人が講師なら、モチベーションが上がります。

この点も、1人で勉強するときには得られない貴重なメリットのひとつです。

勉強を進めていけば壁に突き当たることもありますが、そんなときこそ、やる気を奮い起こして乗り切りましょう。

誰かと一緒に楽しく学べる

これは、一見すると仕事につながらないポイントのようですが、実際には軽視できないものです。

仲間と一緒に学ぶことは、学校ならではのメリットであり、モチベーションアップにつながるものだからです。

他の人と一緒に行う勉強には、「慣れあいになってよくないのでは?」というマイナスなイメージもあるため、少し警戒心を抱いてしまうことがあります。

しかし、勉強がうまくいかないときは、誰かの助けが必要です。

たった1人で悩みぬいた結果、最終的には挫折してしまうこともあるので、「仲間はいらない」という極端な考え方には注意してください。

確かに、遊んでばかりで上達しないパターンもありますが、決してそれだけではありません。

共に学ぶ仲間の存在が、やる気につながり、困難を乗り越えられることも多いのです。

そのため、「1人でやるのは性に合わない」という自覚があるなら、専門学校に通うことも検討してみてください。

仲間の助けを借りた方が勉強が捗り、結局は仕事のプラスになることもあります。

履歴書に書く学歴を得られる

きちんと認可を受けた専門学校なら、卒業することで学歴を得ることができます。

履歴書を作成するとき、「専門学校卒」と書けるようになるのです。

これも、将来のプラスになる見逃せない要素です。

履歴書の作成では、専門学校のことを書けずに困ることがあります。

思い込みの激しい人などは、「専門学校を出ていないなら履歴書は送れない」と考えてしまうこともあるのです。

実際にはきちんと送れるので、その考えは見当違いなものですが、書きにくさを感じることはよくあります。

そんなときは、学歴があると安心できるものです。

自信をもって書き込み、堂々と送ることができます。

この点を重視するなら、認可のある専門学校をしっかりチェックしておきましょう。

まとめ

イラストレーターの知識や技術を身につけるには、必ずしも専門学校を利用する必要はありません。

独学で勉強する人もいるので、それが自分に合っているなら、特に問題はないのです。

しかし、ここで紹介したメリットが気になるようなら、ぜひ専門学校に通ってみてください。

確実に将来のための勉強ができる方法で、しっかり準備していきましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://ima-color.net/2018/06/17/school/
http://ekaki.jp/lesson/vocational-school-merit/
https://tarusagashi.com/illustration-school
https://nt-text.net/comparison/merit/
https://nt-text.net/comparison/vocational-school/
https://ima-color.net/2018/07/01/school_kannsou/
https://www.riverkeei.net/irasutoumakunarunoka-854
https://sadaji-note.com/art_school