イラストの専門学校は土日も忙しく課題多めで休みが少ない

イラストの専門学校に入ってから多忙になるとうような人も多くいます。

何故なのかと言うと、専門学校だから課題が多いと思うことは当然のこと、期末などになると更に多忙になってしまうからです。

イラストの専門学校に入れたけどあまりの忙しさに皆がヘトヘトな状態になることも多いです。

では何故そこまで多忙なのか詳しく見てみたいと思います。

イラストの専門学校が忙しい理由

他の専門学校との違いというのはどの様なことがあると思いますか?

例えば声優であれば、ボイストレーニングなどが主であったりレポートなどがメインになることが多いです。

しかしながらイラストの専門学校の場合は、イラストを描くことが大事になってきますよね。

どの様なものを描くのかというのは人それぞれですが、仮にこれが課題で出るとなると予想以上に時間をかけることが多いです。

個性が大事にもなるのが専門学校の特徴であるので、他の人とアイデアなどが被らない、自分の世界へと入りこまなくてはいけません。

特にイラストで似たようなものになってしまうと一気に評価が落ちてしまいます。

課題として与えられた場合、多くの時間をかけると思いますが、中には1週間以内に書き上げないといけないものも多いです。

そのイラストをいかに直ぐに考えつき、イメージ通りに描けるのかということが大事になるのではないかと思います。

課題を早く終わらせるコツ

課題は不意に出ることも多く、新しいことを学ぶのにはとても良いことです。

表現の仕方にも様々な方法があると思いますが、課題を早く終わらせるには、とっさの想像力というものが必要になります。

言うのであれば、自分が描くならこの様に描くというイメージを考えることが大切になるのではないかと思います。

課題を出されたときに、嫌々な気持ちになってしまうのは誰もが同じですよね。

ですがそこで嫌々な気持ちにならず、自分の為だと思って取り組むとスムーズに書き上げることができるのです。

その際に、自分のイラストはこの様な特徴があるということを理解して取り組むことで、より良い物になるのではないかと思います。

課題を早く終わらせるためには、先ずは想像をすることをおすすめします。

土日にアルバイトも入れている

専門学校の人でもアルバイトをする人が多いのではないかと思います。

学生の中には一人暮らしをしているという人も多く、アルバイトで溜めたお金で生活をしているという人も中にはいます。

そこで課題も出てしまうと、どちらを優先しようと考えてしまうことも多いですよね。

例えば毎週4日ほど出ているという人であれば、多くの時間をアルバイトで削られてしまい、課題を徹夜で完成させるということにもなるのではないかと思います。

徹夜で完成させていても、寝不足であったり万全な状態ではないので、どうしてもクオリティは落ちてしまうことが多いのではないかと思います。

土日にもアルバイトを入れているという学生は、毎日が忙しくなるのではないかと思います。

おすすめは適度な時間調整

アルバイトにも時間調整ができるアルバイトもあるのではないかと思います。

例えばですが、派遣などであれば1日だけという方法も取ることができ、学生にはとても助かりますよね。

また、シフト制であれば忙しい時期に調整をして休みを入れることもできます。

なりふり構わず専門学校に通いつつ、アルバイトもしてお金を貯めるということはできても、イラストの力が上がらなければ意味がありません。

なので週に数回ほどイラストの勉強を取り入れる時間もあると、バランスよく両立できるのではないかと思います。

どちらか片方に力を入れてしまうと、もう片方が疎かにもなってしまい大変なことになりますよね。

バランスというのはとても大事なので、しっかりと時間調整をするようにしましょう。

期末の時期はとにかく課題だらけ

どの専門学校でも、どの様な場所であっても期末の時期というのはとても忙しいです。

特にイラストの場合は、先ほども言ったように時間をかけて書き上げるようなことも多く、レポートなどの提出もある場合があります。

その時期というのは様々な講義で出た課題を終わらせなくてはいけません。

優先順位などを決めていたとしても、時間はあればあるほどゆとりを持って取り組むことができますよね。

ですが、まだ期間があるからと言って手をつけていない状態になってしまうと、ずっと徹夜でしなければいけないという事にもなりかねません。

また、この様な期末というのは試験などもあります。

イラストについての勉強をしなくてはいけないので、絵だけを書き上げても筆記などで点数が低いと単位なども危うくなってしまいます。

計画を持って取り組む

計画を持って取り組むことはゆとりを持つことにも繋がります。

直ぐに課題が出たら取り組むイメージを持つことでサクサクと終わらせることができるでしょう。

ですが中には時間をとてもかけるものもあります。

その場合は、学校に残って作業をしたり、家に直ぐに帰り作業をするように心がけましょう。

課題は何個もあるからと言って疎かにしてしまうと、自分自身の力をつけることができなくもなってしまいます。

特にイラストなどは、手を抜いているというのが一目で分かるようなものです。

普段とは違うようなイラストであったり、少し違うと感じた場合は直ぐに指摘なども入るほどです。

時間が無く雑に仕上げるより、時間をかけてじっくりと仕上げるように心がけましょう。

多忙な中で他の人達と差をつけるにはとにかく書き上げること

個性というものが大事になるので、いかに表現を出すのかというのはイラストでも大事なことです。

特に専門学校となれば、同じように個性の強い人達が多く、周りに負けたくないと思う競争心も出てくるのではないかと思います。

そこで大事なのは、しっかりと書き上げるということです。

講義にしっかり出て、勉強をするというのもおすすめですが、それだけではなく、実践をすることが大切になります。

イメージ通りに思い浮かばなくても、とりあえず手を進めるということが想像力などを更に鍛えることができるのです。

特にこれは何回もすることで、直ぐにアイデアなどが思いつき、イラストに入れることもできます。

個性を出しながらできたものは、必ず評価をされます。

忙しいを理由に手をつけずに後回しや雑に仕上げるというのではなく、しっかりと隙間時間にでも手をつけることがおすすめです。

書きあげたものがうまくいかなかったら時期を見て捨ててしまおう

よく描いたものが上手くいかず、捨てて新しく描くというような人もいるのではないかと思います。

これは頭を1度まっさらにした状態で新しく描くという方法です。

考えたアイデアを使いたいとなれば残しておいても大丈夫ですが、全く違うものになったと納得のいかない場合は新しく考える必要がありますよね。

ですが捨ててしまうというのも、勿体無いと考えてしまうことも多いのではないかと思います。

その場合はその課題やイラストができるまで取っておいて、そのイラストが完成をしたら捨てるようにしましょう。

ヒントにもなったり助かる場合も多くあります。

なので書きあげたものがうまくいかなかった場合は、1度取っておいて、完成をしたら捨ててしまうという方法を取ることをおすすめします。

まとめ

イラストというのは表現がとても大切になり、その人の個性が表れるようなものばかりです。

人によってはこのイラストを見ただけで誰のものか分かるというようなほど、はっきりと分かるのです。

そんな個性を出すには多忙な毎日を乗り越えなくてはいけません。

土日も忙しく課題が多い、アルバイトもあるというのも分かりますが、しっかりと乗り越えることが大切になります。

疎かにしないように、バランスよく生活を送るようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

イラストの専門学校に行っている知人の話し(課題や土日はどうしていたか)
HAL東京
https://www.hal.ac.jp/tokyo/course/anime_illust
東京デザイナー学院
http://www.tdg.ac.jp/dept/illustration/