イラスト専門学校はジャンルによって需要が違う?専門学校選びから大切に

イラストの専門学校と一言で言ってもどのようにイラストを書くかは人によって違います。

アナログとデジタルだけでなく、プログラムを学んでゲームやアプリへの実装を視野に入れるなどより踏み込んだ教育をする専門学校もあります。

キャラクターデザインなどは別に学科をもうけている学校も珍しくないため、学びたいことにあわせて選ぶことも大切なのです。

イラスト一言で言っても分野が広がっている

イラストの専門学校と一言で言っても、どのようにイラストを書くかは人によって認識が変わってきます。

アナログイラストやデジタルイラストを学ぶイラストレーション学科を作る専門学校は多数ありますが、3Dやキャラクターデザインなど再分化が進んでいるケースも多いからです。

アニメーションなどを学ぶ場合や、ゲームグラフィックとしてのイラストを学ぶ場合も意味合いが異なってきます。

広く薄く学ぶのも選択肢に入りますが、専門分野を深く学ぶのも選択肢になります。

自分の将来の仕事を左右する内容になるため、学校と学科選びの両方に気を使った方がプラスになることが多いのです。

それぞれのメディアで特徴が違うのもポイントになってくる

有名イラストレーターが様々な分野のイラストを書くことは珍しくない一方で、様々なメディアで専属イラストレーターとして働く人も存在します。

メディアによってそれぞれ必要とされるスキルやイラストに求められる特徴が異なることには理解が必要です。

たとえば、ゲームでは3D技術が使われることが増えているほか、アプリの場合は2Dのイラストを動かすLive2Dなどの技術が使われることもあります。

Webメディアであればプログラムでイラストを動かしたり演出を含めてムービーに刷ることも含め、様々な技術が求められるようになっているのです。

技術を身につければ就職活動に大きな影響を与えるだけでなく、給与面にも違いがでてくるのです。

専門学校ごとに分類が違うためチェックが必要

イラストの専門学校に通うことを考えるのであれば、学校ごとの学科の区分や学費の違い、学べる年数の比較が重要になります。

短期間で卒業できる学校もありますが、それで自分が欲しい技術が身につくかは話が別です。

また、全国展開する専門学校の場合は、都心でなければ存在しない学科があるケースも有ります。

専門性が高い技術の場合は教えられる講師自体が少なくなるのもポイントで、人口が少ない都市の場合はマッチングが難しくなりがちだからです。

東京、大阪はそれだけ選択肢が増えるのが一般的で、札幌、福岡、名古屋や広島、仙台などの都市は若干選択肢が減ります。

一般的なイラストを学ぶだけで物足りないと感じる場合は良く考えて比較する必要があります。

学べる学科がある専門学校に通うため、引越しを検討する人も存在するのです。

専門性が高いほど給料が高くなることが多い

イラストは専門性が高い仕事である一方で、競合が多い仕事でもあります。

ただイラストを書くだけでは高い給料を確保することが難しく、営業に関する工夫などが必要なことがあるのです。

しかし、3D技術など学ぶハードルが高いものはそれだけ給料が高くなることが一般的です。

また、需要があるのに人材が少ない分野を学んだ方が就職に直結する可能性が高くなります。

Webデザインも含めたイラストレーションを学ぶ場合にプログラムに触れることがあるのは、それだけ需要が高いからでもあるのです。

イラストに専念したいからと学ばない人がいる一方で、学んだ人の方が仕事に恵まれるケースも多くなります。

現実的に生活できるようにするために技術を学ぶという人は多いのです。

就職したい企業から専門学校を選んでいくのも方法

イラストの仕事をする上で、目標にしている企業、働きたい職場がある人もいます。

自分がしたい仕事や企業に合わせて専門学校を選んでいくのも方法で、実際に就職の実績があるかどうかをチェックする方法もあります。

特に上場企業に卒業生が就職している場合は学校の広報に実績が載るケースが珍しくなく、代表的な生徒と作品が紹介される場合もあります。

OBやOGがいることで就職に苦労したことなどを聞ける機会が増えることも多く、学校の実績から学びたいことを決めて行くのも方法なのです。

イラストの仕事はしたいけどどの学科を選べば良いかわからない場合は、働きたい企業を考えた上で絞り込んでいくのもおすすめになります。

学校選びだけでなく学科とのマッチングも考えること

イラスト専門学校選びは、学校の実績だけでなく企業とのマッチング度合いを考えることも大切です。

これは同じ企業でも主要な顧客が変化していることも多いからです。

たとえば、ゲーム会社の場合はスマホで遊べるアプリ市場を無視できなくなっています。

アプリのイラストを考える場合はキービジュアルを作るだけでなく、アプリ内でどう動かすかも考える必要があります。

イラストレーターが調整できる範囲が広がりつつあるのもポイントで、学校で学んでから就職するのか、就職してから学ぶのかで戦力としての違いがでる場合もあるのです。

過去実績でどの学科の卒業生が就職しているのかだけでなく、現在の主流がどんな業態かもチェックする必要があります。

求められる仕事の内容が数年で一変することもあるため、変化を前提に学んで備えることも大切になっているのです。

企業で働くのかフリーランスで働きたいのかでも違いがでる

イラストレーターの中にはフリーランスで働いている人もいます。

フリーで働くことに憧れる人がいる一方で、専門学校を卒業してすぐにフリーになることは難しく、企業で経験を積んでから独立するのが一般的になっています。

これは知名度が低いと仕事を掴むことが難しいだけでなく、お金を得るためのノウハウ自体を学ぶハードルが存在することです。

一方で、学生時代から様々なイラストを販売し、実績を積む人も珍しくなくなっています。

実績があればポートフォリオとして就職活動時に活用できるためです。

実績がなければ評価が難しいのがイラストやデザインの分野になるため、学校で学ぶ以外にも積極的に創作活動をしているかどうかで力量の評価も大きく変わります。

学生時代にスキルを磨いて新卒からフリーランスを選択する人もいるため、どうしても企業が合わないのであれば選択肢に入れるのも方法なのです。

ただし、フリーで仕事をするにしても需要があるかは大切になるため、まずは需要があるイラストの仕事は何かから見極める必要があります。

企業で学ぶことと学校で学ぶことをわけている人もいる

フリーランスを目指すにしても一度企業に就職する人が多いのは、イラストを支える産業構造を学べるからです。

企業に一度就職して働けば、実際のイラストの仕事がどんなものか、どの程度の給料が相場なのかもわかりやすくなります。

お金に関することを調べても、実際に働かなければわからないこともあります。

そのため、学校で学べる期間は学校で学ぶことに専念し、企業で学ぶべきことは就職活動に入ってから学ぶというのも選択肢になるのです。

研修がしっかりしている企業につくことを前提に、可能な限りイラストの専門知識を学ぶなど、自分なりの人生設計も組み合わせられるとさらにプラスになります。

まとめ

イラストの専門学校は様々な学科があり、学べることが大きく異なります。

社会がイラストレーターに求める需要が大幅に変わっているのもポイントで、需要に応えられる仕事ほど就職の難易度も下がるのです。

給料面にも影響するためただイラストを学びたいのか、イラストでしっかりと食べられるようになりたいかは考える必要があります。

専門学校によって就職に強い企業も変わってくるため、過去実績をあわせてチェックするのがおすすめになります。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.tdg.ac.jp/dept/illustration/media/