ヘタでも問題ない?イラストの専門学校に入学する人はどのくらい上手いのか

絵を描くのが好きで、将来イラスト関係の仕事に就くためにイラストの専門学校に入りたいけど、自分の絵に少し自信がないという方もいるかと思います。

自信がないと、専門学校に入るのを躊躇ってしまいますよね。

入学してから自分だけイラストがヘタだと、なんだか場違いな気がして、通うのが嫌になりそうになるため、入るのを躊躇うのは仕様がないです。

では、イラストの専門学校に入学する方は、イラストがどのくらい上手いのでしょうか?

入学した頃の周りのレベルはそれほど高くない

他の学校と同じように、イラストの専門学校は1つではありません。

そして、学校が違えば雰囲気やレベルなども違ってきます。

そのため、イラストが上手い人が多い専門学校がある可能性はあります。

ですが、イラストの専門学校に入学したばかりの頃は、あまり上手くない人が多いといわれているので、イラストの初歩的なことも分かっていないような方は多くいることでしょう。

初歩的なことが分かっていないからこそ、授業の始めの頃は基礎から教えます。

基礎がきちんとしていないと、それを応用することはできないため、基礎から教えるのは当然といえば当然です

基礎が分かっていない人が多いからこそ基礎からしっかり教えるので、入学した人の多くはイラストのレベルはあまり高くないと言えます

本当に基礎から教えているのか気になる方は、インターネットでホームページなどを見たり、パンフレットを見たりして確認してみると良いです。

それらを見て確認することで、本当に基礎から教えているのか分かることでしょう。

授業についていけるか不安になることはない

先程も話したように、専門学校では分かりやすく基礎から教えるので、イラストがヘタだとしても授業についていくことができます。

イラストがヘタなら、真面目に授業を受けて一生懸命努力すれば良いだけです。

とはいっても、イラストが上手い方でも真面目に勉強して努力することは大切です。

ですから、自分のレベルが低いことで、「専門学校に入っても、授業についていけないんじゃ」と心配する必要はありません。

確かに、イラストのレベルが低すぎると、周りとの差が大きすぎて不安になることもあるでしょう。

基礎をちゃんと学び、努力して少しずつ上達していけば問題ないので、自分のレベルが低いからといって授業についていけるか不安になることはありません。

ただ通うだけでは上達しない

専門学校に入学した頃は、イラストがヘタでも問題ありませんが、入学してからは努力する必要があります。

専門学校にただ通うだけではイラストはなかなか上手くなりません。

他のことでも上達するには努力が必要なように、イラストをレベルアップさせることにも努力が必要になります。

専門学校に入る前から絵を描くのが上手い人は、努力をしてきた人です。

自分で勉強し、イラストを多く描いてきて努力してきたからこそ上手いのです。

そのように、専門学校に入った頃の画力の差は、努力をしてきたかしてこなかったかの差になります。

せっかく専門学校に入っても努力をしないで、ただ授業を受けているだけでは上達することは難しいです。

それなりに上手くなるかもしれませんが、レベルが1から2や3、または5に上がる程度です。

なかにはレベルが格段に上がる方もいますが、それはほんの一部です。

レベルを10や15、または20に上げたいのなら、努力をする必要があります。

入学した頃はヘタでも全く問題ありませんが、イラストの専門学校に入る前から「努力する」という覚悟を持つようにしましょう。

イラストがあまり上達しない人もいる

イラストの専門学校に入る方の中には、努力するという強い心を持たずに入る方もおり、レベルが低いままの方もいます。

そのような方は、周りとの実力の差にモチベーションが落ちたという訳ではないでしょう。

なぜなら、専門学校に入って始めからイラストがずば抜けて上手い方は、ほんの一部だからです。

ですから、レベルが低いままの方は周りとの実力の差にやる気がなくなったわけではなく、ただシンプルに努力を怠り、あまり上達しないまま卒業を迎えただけなのです。

「そのような人はあまりいないでしょ」などと思う方もいるかもしれませんが、実際多くいます。

卒業までレベルが低いままの人がいることから、絵がヘタでもイラストの専門学校に入学することは問題なく、途中で辞めることなく通い続けることも可能です。

イラストを描くレベルが低いままだと就職が難しい

向上心がなく、努力を怠ってイラストのレベルが低いままだと、希望しているイラスト関係の仕事に就くことは困難になります。

イラストの専門学校に通っている方の多くは、イラストの仕事に就きたいから通っています。

ですが、レベルが低いままの方はそうした職業に就くことができないため、専門学校に通っていても無駄になってしまいます。

無駄というと、全く意味がないように思えますが、基礎など多少の知識は身につけることはできます。

しかし、希望しているイラスト関係の仕事に就くことは困難です。

イラストを描く基礎などの知識があっても、イラストを描く技術がないと採用されることは難しく、画力が低くても何か突出したものがあれば採用されることはありますが、そのようなものを持っている人はあまりいません。

ですから、絵を描くレベルが低いままだと、イラスト関係で就職できるところを見つけるのはできないでしょう。

そのため、イラストの専門学校に入るのなら、現状絵がヘタでもしっかり努力し続けて上達することが就職への近道になります。

やる気がない人とはつるまない

もし、あなたの周りにやる気がない人がいるなら、できるだけ避けるようにすることをおすすめします。

やる気がない人とつるんでいると、自分もやる気がなくなってしまう可能性があります。

自分のやる気がなくなってしまうと、当然イラストを描くのが面倒になり、なかなか上達しなくなってしまいます。

また、授業を受けるのも面倒になり、サボってしまう可能性もあるため、あなたの周りにやる気がない人がいるなら、その人とはあまり関わらないようにすると良いでしょう。

絵がヘタな方は授業以外で努力する時間を確保できるかが重要

絵がヘタだけど、将来イラスト関係の仕事に就きたくてイラストの専門学校に入りたいと思っているなら、専門学校に入った後にちゃんと努力できる時間を確保できるのか確認してから専門学校に入るのか決めると良いです。

前述した通り、イラストの専門学校に入る場合、絵がヘタでも入ることはできますが、努力しないと希望している仕事に就くことは難しいです。

努力するには努力する時間が必要になります。

努力しようと思っていても、イラストに費やす時間がないと当然努力することは難しくなります。

ですから、専門学校に通っても、自宅で努力する時間を確保できないという方には、イラストの専門学校に入ることはおすすめできません。

そうは言っても、自宅で努力しなくても専門学校の授業だけで上達する方はいるため、家で努力する時間を確保できない方に、絶対入らない方が良いということを一概に言うことはできません。

しかし、努力する時間が多いほどレベルアップすることは間違いないので、授業以外で努力する時間を確保できないと大変です。

時間を確保できない方は

先程、絵がヘタな場合、授業以外で努力する時間を確保できるかが重要ということを話しました。

しかし、アルバイトなどで時間を確保するのが難しい方もいることでしょう。

そのような方は、専門学校に入る前に独学で、できるだけイラストを上達させておくと良いです。

まとめ

イラストの専門学校に入った当初は、みんながみんな絵が上手いわけではないため、絵を描くレベルが低くてもイラストの専門学校に入学することは可能です。

しかし、専門学校に入ったら努力をすることは必要で、努力をしないとなかなか上達しません。

上達しないと就職に影響してしまうので、努力できるのかも含めて専門学校に入るのか決めましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://ima-color.net/2018/07/01/school_kannsou/
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11143486896?__ysp=44Kk44Op44K544OIIOWwgumWgOWtpuagoSDjg5jjgr8%3D
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1179193731
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1285909347

イラストの専門学校が独学より魅力的に感じる理由は?迷ったときに注目すべき4つのメリット

イラストレーターとして働くためには、専門学校に通う方法と、独学でがんばる方法があります。

その選択で迷っているときは、「専門学校の方がメリットが大きいかも」という考えに傾いたりするものです。

独学だと自分だけで勉強しなければなりませんが、サポートがある学校なら、助かることが多くあります。

では、決断の手助けになるように、専門学校ならではのメリットを詳しく説明していきましょう。

基礎からしっかり学べる

イラストの専門学校は、初心者でも安心して通えるようになっています。

専門学校というと、「レベルが高くてついていけないのでは」という不安を感じることもありますが、心配する必要はありません。

基本的なことから丁寧に教えてくれるため、イラストが初めての人でも、問題なく勉強できるのです。

これは、専門学校の大きなメリットになります。

独学でも基本は学べそうですが、初めてで右も左もわからない状態なら、油断はできません。

自分で調べるだけでは、よくわからないこともあります。

専門学校に通えば、しっかりサポートしてくれるため、そうした悩みは少なくなるのです。

答えまでの過程がわかる

独学で勉強するときは、ネットでいろいろと調べることも多いものです。

昔は主に本でしたが、今はネットで大量の情報が簡単に出てくるため、かなり勉強しやすくなっているのです。

ただし、ネットで調べものをするときは、答えまでの過程に注意しなければなりません。

検索して得られた情報は、本当に答えの部分だけであり、そこにたどり着くまでの過程は省かれていることがあります。

それでは、きちんと学ぶことができません。

特に初心者だと、「どうしてこうなるの?」という部分がわからず、モヤモヤしてしまうことが多いのです。

専門学校なら、答えだけがポンと出されて終わるようなことはありません。

きっちり丁寧に教えてくれるので、初めてでも勉強しやすくなっているのです。

アナログもばっちり

現在はデジタルが主流になっているため、アナログの重要度は低いと思われがちです。

しかし、アナログでうまく描けない場合は、デジタルでもうまくいかないものです。

本当に上手に描くためには、アナログの知識や技術も必要になります。

それを身につけるためには、やはり専門学校を利用しましょう。

独学だと、「面倒くさい」という理由でアナログを省きたくなることもありますが、専門学校ではしっかり教えてくれます。

アナログとデジタルを両方やってくれるため、必要なことをすべて習得できるのです。

人によっては退屈なことも

初心者には助かることが多い専門学校ですが、そうでない場合は、少し困ることもあります。

ある程度うまい人が通うと、初心者向けの授業を退屈に感じてしまうことも多いのです。

基礎から応用までしっかり教えてくれるため、通う意味がないわけではありませんが、すでに習得している内容を頭からやり直すときは、やはり面倒になってしまいます。

独学で上達して、すでに初心者ではなくなっているなら、その点を頭に入れておきましょう。

機材をたっぷり使える

専門学校には、イラスト制作のためのさまざまな機材が揃っています。

そうした設備の充実具合も、独学にはない魅力的なポイントのひとつです。

便利なアイテムをフル活用して、どんどん勉強していきましょう。

買い揃える必要がない

自分だけで勉強する場合は、必要なものを買って使うことになりますが、お金がないと厳しいことがあります。

しかし、専門学校なら悩む必要はありません。

自分でがんばって揃えなくても、学校にあるものを使えばよいのです。

この点に魅力を感じるなら、ぜひ専門学校を選んでおきましょう。

おすすめは新しい設備

設備が整っている専門学校なら、イラストのための機材をたくさん使うことができます。

ただし、その新しさには注意すべきです。

専門学校の中には、あまり新しくない機材を揃えているところもあります。

それでも基本的なことは学べますが、実際に仕事をするときのことを考えると、少し注意が必要です。

最新の機材に、その仕事で初めて触れるようなことになれば、スムーズに使いこなせない場合があります。

慣れてしまえば問題はなくても、最初はかなり戸惑ってしまうこともあるのです。

その点を考慮するなら、専門学校で最新のものに触れておくことをおすすめします。

ある程度使い慣れた状態にしておけば、仕事で困ることも少なくなるのです。

専門学校を選ぶときは、設備の新しさを確認し、将来のプラスになるところを探すようにしましょう。

プロから教えてもらえる

専門学校に通うと、きちんと知識をもった人から、丁寧に教えてもらえます。

しかも、すでに活躍している有名な人から教えてもらう機会まであるのです。

専門学校では、プロを講師に招いて特別授業を行うことがあります。

そこで得られる知識や技術は、独学だと身につきません。

これは、専門学校に通うことでのみ得られるメリットなのです。

プロから教えてもらえることを重視するなら、独学より専門学校の方を選びましょう。

授業の内容や講師について調べておくと、自分にぴったりな学校が見つかります。

リアルな声を

すでにイラストレーターとして働いている人の話は、かなりリアルなものです。

独学ではわからないような業界の話やノウハウなどを、たくさん聞かせてくれます。

そうした貴重な知識を吸収するためには、迷わず専門学校を選んでおきましょう。

憧れや尊敬を抱いている人が講師なら、モチベーションも上がり、勉強がより捗るようになります。

深く学ぶ

先述したように、専門学校では、ただ答えだけを提示するようなことはありません。

講師による特別授業でも、質問すれば丁寧に教えてくれます。

これは、深く理解した状態で先に進むためには、とても大切なことです。

答えだけでなんとなくわかった気になっても、実際の仕事で役に立つとは限りません。

「なぜそうなるのか」という理由まで知っておかないと、せっかく学んでも、仕事にうまく反映できないのです。

わからないところはしっかり質問して、正しく理解していきましょう。

実演による正確な理解

講師に質問すると、実演してわかりやすく教えてくれることもあります。

これも、独学にはない大きなメリットです。

自分で調べるだけだと、実際のところはどうなのか、よくわからないままになることが多いものです。

本やネットで調べるのも悪い方法ではありませんが、やはり限界はあります。

講師に実演付きで教えてもらえば、よりしっかりと理解し、確実に力をつけることができるのです。

学歴を得ることができる

卒業することで手に入る学歴も、専門学校ならではのものです。

しっかり勉強して卒業すれば、「専門学校卒」と履歴書に書けるようになります。

これは、独学ではどうやっても得られないものです。

学歴を重視するなら、きちんと専門学校を出ておくようにしましょう。

ただし、どこでも学歴がもらえるわけではないため、学校を選ぶときは注意しなければなりません。

認可を受けていないところは、学校として認められていないため、がんばって卒業しても、学歴を手にすることができないのです。

履歴書に書ける学歴を確実に得るためには、認可の有無を忘れずにチェックしておきましょう。

まとめ

イラストの専門学校に通うと、独学では難しいことが、簡単にできるようになります。

プロから教えてもらえることや、最新の機材をどんどん使えることは、専門学校でしか得られない貴重な要素です。

それがあると、基本的な内容も深く理解することができ、しっかりと基礎を固めることができます。

「専門学校の方がプラスになりそう」と感じるときは、そうしたメリットに注目して、もう一度よく考えてみましょう。

重要なメリットを含めてじっくり検討すれば、専門学校が本当に必要かどうか、自然とわかってきます。

参考URL・参考文献・根拠など

https://ima-color.net/2018/06/17/school/
http://ekaki.jp/lesson/vocational-school-merit/
https://tarusagashi.com/illustration-school
https://nt-text.net/comparison/merit/
https://nt-text.net/comparison/vocational-school/
https://www.riverkeei.net/irasutoumakunarunoka-854
https://sadaji-note.com/art_school
https://ima-color.net/2018/07/01/school_kannsou/

頼るは自分のみ、イラストの専門学校に通いながらできるバイトってどんなものが?

イラストを描いて仕事がしたい、でもなかなかそれも独学では難しい、となればここはやはり専門学校で学ぶのが最もおすすめの方法になります。

しかし学校というものには学費がつきものです。

学費が払えなければ勿論学校へ通うことも授業を受けることもできません。

家族の賛成と後押しがあって入学するなら問題ありませんが、そうでない場合バイトしつつ専門学校に通うのは可能なのでしょうか。

専門学校かそれとも美術大学か

実はまず選ぶ必要があるのが、専門学校にするかそれとも美術系の大学にするかですね。

専門的な知識と、徹底的な授業を受けたいのなら大学がおすすめです。

何といっても卒業後には、学士というタイトルもとれますし、4年制の大学なら4大卒というキャリアも取得できます。

しかし大学、それも芸術系の大学の場合入学に際してすでに選択が始まってしまいます。

よほど何か光る物を持っていれば別ですが、まず技術での選考をされてしまいますので、そこまでほとんど未経験だった場合、入試ではねられてしまうこともあるのです。

入学できれば本当に、いい講師にいい授業と申し分ないのが大学ですが、入るのに門が狭いという難点があるのですね。

しかし専門学校の場合、それがイラストの専門学校であっても、門戸は広く開かれています。

未経験者でも入学が可能で、しかも専門技術も学べるというのは大きなメリットです。

加えて、最新の技術に関しては非常に早く取り入れてくれますので、時代の先端を行く技術も学べるのです。

イラストなどの場合どうしても、流行というものがあります。

デジタルの手法なども年々新しいものが作られています。

実践的な授業という面では、専門学校がおすすめなのです。

とはいえ専門学校の場合

大学に入るといえば、ほとんどの保護者の場合お金を出してくれるものです。

しかし専門学校となると、しかもイラストレーターのようなちょっと不安定な職を目指している場合、親心もあって反対意見も出てきますね。

すでに社会人になっていて、昔の夢が忘れられずに専門学校でイラストを学びなおし、という人には問題ありません。

昼間仕事して夜学校というのは、体力的にはきついですが、金銭面では大きな問題にはなりません。

しかし高校を出たばかりの場合、まずお金の面で問題が出てくることが多いのです。

親の了解や賛成があれば、学費も出してもらえますがそうでない場合、自分で稼ぐことになります。

学びながら学費を稼ぐ、もしくは家を出て自活しつつ学校に通うというのは、可能なのでしょうか。

バイトしつつ頑張るということになりますが、果たしてそれは可能なのか考えてみたいですね。

専門学校の場合結構授業はタイト

大学のほうが授業が忙しいと思えるものですが、実は授業などカリキュラムの詰込みに関しては、専門学校のほうが上です。

特に全日制の場合、きちんとした学校なら、課題も多く出されますし帰宅してからもかなりの時間それと向き合うことになります。

夜間部や通信教育の場合、学校での時間が少ないもしくは無いので、その分出される課題は多くなります。

何よりも、普通の芸術系の大学の場合4年生がほとんどです。

しかし専門学校の場合、1年から2年制が一般的なのです。

4年制の大学で学ぶのと、実技に関しては同じ分量をこなさなくてはいけない分、授業のカリキュラムがタイトになるのは仕方のないことです。

それをしっかりと把握しつつ、バイトを考えなくてはいけませんね。

当初思っているよりも、かなり頑張りが必要です。

イラストの専門学校でバイトはどんなものがおすすめ

では実際に、どんなバイトがおすすめなのかも見てみましょう。

他の専門学校よりも実技系の課題を多くこなすことになるのが、イラストや漫画の専門学校生の宿命です。

その点も含めて、おすすめのバイトを考えてみたいものですね。

シフトの自由の利く職場

飲食店やコンビニなどでよくあるのが、シフト制です。

何曜日の何時から何時と申請して、できるだけそれに沿った時間で働くことになります。

特に何かあった場合、展覧会とか発表会、学校の行事などの場合にも、事前申請で休みがとりやすいのがありがたいところです。

しかし逆を言うと、こういったタイプの職場に来る人の場合、この時間の組み換え可能に惹かれてくるのですから、結果譲ったり譲られたりになることもあります。

できるだけバイトの数の多いところならそれはあまりありませんが、今度はあまり稼げないという問題が出てしまいます。

どの程度の融通が利くのか、最初の面接の時に確認するのがおすすめです。

夜間限定もしくは昼間限定の仕事

全日制の専門学校に行っている場合、自由時間は夜になります。

なのでこういった人の場合は、夜間専門のバイトができますね。

コンビニで24時間営業のところなど、特に深夜のシフトは喜ばれます。

また夜間部に通っている場合は逆に、昼間のバイトになります。

できるだけ時間通りに終わる、残業のない職場を選びましょう。

どちらもコンビニなどが最もおすすめですが、バイト仲間の急な休みなどで残業になることもあるのを、頭に入れておいてください。

専門学校内でのバイトを探す

学校の内部で仕事があるの、と疑問に思うかもしれませんが、実はあるのです。

学校説明会の時にその設営を手伝ったり、当日の見学案内などですね。

学内のバイトの場合、授業の妨げにもなりませんし、移動もしなくて済み、働きやすいのがうれしいところです。

ただ突発的な仕事が多く、持続して働ける仕事はあまりないのと、募集を見逃しやすいとが難点です。

掲示板など良くチェックしておきたいですね。

先輩学生の紹介でのバイト

これが実はおすすめなのです。

先輩が続けて仕事できている職場なので、同じ学校で授業を受けているという同じ条件下では、同じく続けやすいということになります。

また職場の方でも、既に同じ学校の学生が働いているので、この学校の学生はこんな感じにシフトを組みたがるのか、とわかってくれます。

紹介というのは実は雇う側にとっても保証人ともいえる、すでに働いている先輩がいるので、安心して採用ができるのですね。

イラストの専門学校でバイトしつつ通う時の注意

こうしてみてきた場合、結構バイトが選びやすそうに見える、学費が稼げそうに見えるのも事実です。

しかしここでよく考えてみてください。

学費の心配をしなくていい学生は、その時間を勉強や課題に当てることができるのです。

しかしバイトをしていれば、結果お金にはなっても勉強時間は減ることになります。

何かと課題の多いのが、イラスト系の専門学校の特徴です。

仕事して課題をこなして学校に行ってを繰り返すのには、かなりの体力と気力と根性が必要になります。

バイトしつつ勉強というのも、学費のためには仕方ないということもありますが、学ぶために仕事しているということ、忘れないでおきたいですよね。

バイトを選ぶのはもちろんのこと、自分の体力や体調にも気を付けていかないと、せっかくバイトで稼いだお金もなくすこともあります。

そこも注意して、無理のないようなバイト、シフトを組めるように自己コントロールしていくのを何よりもおすすめしたいです。

まとめ

できれば学生の間のバイトは、それこそバイトにとどめておきたいです。

すでに仕事を持っている人が、では夜間部で勉強をという場合でも、かなり体力を必要とします。

全日制の授業を受けつつ、夜にバイトをして課題も予習復習もこなすのは、本当に大変です。

できるだけお小遣い稼ぎ程度のバイトにしたいものです。

またどうしても金銭的に保護者を頼れない場合、学業に専念するために入学前にバイトしてお金を貯めてからの入学も、考えてほしいところですね。

参考URL・参考文献・根拠など

https://tech-camp.in/note/pickup/52550/

イラストの専門学校で将来のプラスになる点は?注目すべき5つの特徴

イラストレーターとして働くためには、専門学校で必要なことを学ぶ方法があります。

そこで気になるのは、「本当に仕事のプラスになるのか」ということです。

将来のためになる要素が少ないのであれば、無理に通う必要はないことになります。

しかし、実際にはいろいろとメリットがあるので、安易に選択肢から外すのはおすすめできません。

では、どんな点がプラスになるのか、詳しく説明していきましょう。

基礎から応用まで幅広く学べる

将来の仕事のためには、さまざまな知識や技術を幅広く習得することが大切です。

どこか一部分だけ学んでいると、あとで困ることになってしまいます。

例えば、応用の部分をがんばって勉強しても、基礎が身についていなければ、どこかでボロが出るものです。

土台となる部分をしっかり固めておかないと、仕事を始めても、スムーズにこなすことができません。

また、基礎しか身についていない場合も、現場で求められることを処理しきれなくなります。

専門学校では、そうしたバランスの悪い学び方を避けることができるのです。

基礎から応用まで、広範囲をカバーしているため、偏ることがありません。

将来の仕事に備えて、必要なことは残らず習得していきましょう。

レベルの高い授業ばかりではない

専門学校には、「初心者だと置いていかれそう」というイメージもあるため、初めてイラストを学ぶ人は、不安を感じたりするものです。

ついていけないようなら、独学でマイペースに勉強した方がようさそうに思えてしまいます。

しかし、実際には心配する必要はありません。

専門学校なら、きちんと基礎から教えてくれるので、初心者でも困ることはないのです。

仕事のために必要なことを、一からじっくりと学ぶことができます。

アナログも

現在はデジタルで描くことが多いため、「アナログの知識や技術はいらないかな」と感じることもあります。

しかし、アナログができないなら、デジタルでうまく描くことも難しくなってしまいます。

デジタルの上達のためには、やはりアナログも押さえておくべきです。

そんなときは、ぜひ専門学校をチェックしてみてください。

いろいろなことを幅広く教えてくれる専門学校では、アナログの授業もしっかりやってくれます。

デジタルとアナログを両方学び、将来の仕事に役立てましょう。

実践的な授業があるか

将来のプラスになる点に注目するなら、企業課題や実習など、実践的な授業もチェックしておいてください。

そうした授業をたくさんこなしていけば、現場で求められるものを知ることができるのです。

何もわからないまま仕事を始めるよりは、ある程度把握していて方が、スムーズに進められるものです。

実践的な授業の多さは、就職率にもつながるポイントなので、よく見て選ぶようにしましょう。

機材をたくさん使える

専門学校に通っていると、自分で購入しなくても、イラストに必要な機材を使うことができます。

これは、独学にはない専門学校ならではのメリットです。

機材をたくさん使いたくても、すべて1人で解決しなければならない独学では、なかなか難しいこともあります。

お金の問題で、しっかり揃えることができないのです。

しかし、専門学校なら悩むことはありません。

遠慮せずにどんどん使い、レベルを上げていきましょう。

ただし、設備の新しさには注意してください。

古い設備の学校では、仕事で使うかもしれない最新の機材を置いていないことがあるのです。

将来のプラスになる点を重視するなら、やはり新しい設備がおすすめです。

新しい機材に慣れておけば、仕事で困ることも少なくなります。

プロからいろいろなことを学べる

専門学校では、すでにイラストレーターとして活躍しているプロを講師に招き、特別授業を行うことがあります。

これも、独学では得られない大きなメリットになります。

プロが講師を務める授業では、リアルな業界の話や、貴重なノウハウなど、将来のプラスになる要素をたくさん吸収することができます。

その点に魅力を感じるならは、ぜひ専門学校に通うことを検討してみてください。

質問して深く理解

講師に質問すると、答えだけでなく、そこにたどり着くまでの過程も含めて、丁寧に教えてくれます。

ネットで調べて1人で勉強するときは、過程を省いた答えだけが出てくることも多ため、少し注意が必要です。

答えをだけを黙々と覚えるだけでは、あまり役に立ちません。

肝心なところがすっぽり抜け落ちているため、上辺だけなぞったような頼りない知識になってしまいます。

「どうしてそうなるのか」ということまで踏み込み、深い理解をしなければ、実のある勉強はできないのです。

専門学校できちんと教えてもらえば、それが可能になります。

わからないところは積極的に質問し、本当の意味で将来のプラスになる勉強をしましょう。

モチベーションを上げて学ぶ

専門学校を選ぶときは、誰が講師なのか、しっかり確かめておくことをおすすめします。

憧れている人や尊敬している人が講師なら、モチベーションが上がります。

この点も、1人で勉強するときには得られない貴重なメリットのひとつです。

勉強を進めていけば壁に突き当たることもありますが、そんなときこそ、やる気を奮い起こして乗り切りましょう。

誰かと一緒に楽しく学べる

これは、一見すると仕事につながらないポイントのようですが、実際には軽視できないものです。

仲間と一緒に学ぶことは、学校ならではのメリットであり、モチベーションアップにつながるものだからです。

他の人と一緒に行う勉強には、「慣れあいになってよくないのでは?」というマイナスなイメージもあるため、少し警戒心を抱いてしまうことがあります。

しかし、勉強がうまくいかないときは、誰かの助けが必要です。

たった1人で悩みぬいた結果、最終的には挫折してしまうこともあるので、「仲間はいらない」という極端な考え方には注意してください。

確かに、遊んでばかりで上達しないパターンもありますが、決してそれだけではありません。

共に学ぶ仲間の存在が、やる気につながり、困難を乗り越えられることも多いのです。

そのため、「1人でやるのは性に合わない」という自覚があるなら、専門学校に通うことも検討してみてください。

仲間の助けを借りた方が勉強が捗り、結局は仕事のプラスになることもあります。

履歴書に書く学歴を得られる

きちんと認可を受けた専門学校なら、卒業することで学歴を得ることができます。

履歴書を作成するとき、「専門学校卒」と書けるようになるのです。

これも、将来のプラスになる見逃せない要素です。

履歴書の作成では、専門学校のことを書けずに困ることがあります。

思い込みの激しい人などは、「専門学校を出ていないなら履歴書は送れない」と考えてしまうこともあるのです。

実際にはきちんと送れるので、その考えは見当違いなものですが、書きにくさを感じることはよくあります。

そんなときは、学歴があると安心できるものです。

自信をもって書き込み、堂々と送ることができます。

この点を重視するなら、認可のある専門学校をしっかりチェックしておきましょう。

まとめ

イラストレーターの知識や技術を身につけるには、必ずしも専門学校を利用する必要はありません。

独学で勉強する人もいるので、それが自分に合っているなら、特に問題はないのです。

しかし、ここで紹介したメリットが気になるようなら、ぜひ専門学校に通ってみてください。

確実に将来のための勉強ができる方法で、しっかり準備していきましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://ima-color.net/2018/06/17/school/
http://ekaki.jp/lesson/vocational-school-merit/
https://tarusagashi.com/illustration-school
https://nt-text.net/comparison/merit/
https://nt-text.net/comparison/vocational-school/
https://ima-color.net/2018/07/01/school_kannsou/
https://www.riverkeei.net/irasutoumakunarunoka-854
https://sadaji-note.com/art_school

イラストの専門学校は土日も忙しく課題多めで休みが少ない

イラストの専門学校に入ってから多忙になるとうような人も多くいます。

何故なのかと言うと、専門学校だから課題が多いと思うことは当然のこと、期末などになると更に多忙になってしまうからです。

イラストの専門学校に入れたけどあまりの忙しさに皆がヘトヘトな状態になることも多いです。

では何故そこまで多忙なのか詳しく見てみたいと思います。

イラストの専門学校が忙しい理由

他の専門学校との違いというのはどの様なことがあると思いますか?

例えば声優であれば、ボイストレーニングなどが主であったりレポートなどがメインになることが多いです。

しかしながらイラストの専門学校の場合は、イラストを描くことが大事になってきますよね。

どの様なものを描くのかというのは人それぞれですが、仮にこれが課題で出るとなると予想以上に時間をかけることが多いです。

個性が大事にもなるのが専門学校の特徴であるので、他の人とアイデアなどが被らない、自分の世界へと入りこまなくてはいけません。

特にイラストで似たようなものになってしまうと一気に評価が落ちてしまいます。

課題として与えられた場合、多くの時間をかけると思いますが、中には1週間以内に書き上げないといけないものも多いです。

そのイラストをいかに直ぐに考えつき、イメージ通りに描けるのかということが大事になるのではないかと思います。

課題を早く終わらせるコツ

課題は不意に出ることも多く、新しいことを学ぶのにはとても良いことです。

表現の仕方にも様々な方法があると思いますが、課題を早く終わらせるには、とっさの想像力というものが必要になります。

言うのであれば、自分が描くならこの様に描くというイメージを考えることが大切になるのではないかと思います。

課題を出されたときに、嫌々な気持ちになってしまうのは誰もが同じですよね。

ですがそこで嫌々な気持ちにならず、自分の為だと思って取り組むとスムーズに書き上げることができるのです。

その際に、自分のイラストはこの様な特徴があるということを理解して取り組むことで、より良い物になるのではないかと思います。

課題を早く終わらせるためには、先ずは想像をすることをおすすめします。

土日にアルバイトも入れている

専門学校の人でもアルバイトをする人が多いのではないかと思います。

学生の中には一人暮らしをしているという人も多く、アルバイトで溜めたお金で生活をしているという人も中にはいます。

そこで課題も出てしまうと、どちらを優先しようと考えてしまうことも多いですよね。

例えば毎週4日ほど出ているという人であれば、多くの時間をアルバイトで削られてしまい、課題を徹夜で完成させるということにもなるのではないかと思います。

徹夜で完成させていても、寝不足であったり万全な状態ではないので、どうしてもクオリティは落ちてしまうことが多いのではないかと思います。

土日にもアルバイトを入れているという学生は、毎日が忙しくなるのではないかと思います。

おすすめは適度な時間調整

アルバイトにも時間調整ができるアルバイトもあるのではないかと思います。

例えばですが、派遣などであれば1日だけという方法も取ることができ、学生にはとても助かりますよね。

また、シフト制であれば忙しい時期に調整をして休みを入れることもできます。

なりふり構わず専門学校に通いつつ、アルバイトもしてお金を貯めるということはできても、イラストの力が上がらなければ意味がありません。

なので週に数回ほどイラストの勉強を取り入れる時間もあると、バランスよく両立できるのではないかと思います。

どちらか片方に力を入れてしまうと、もう片方が疎かにもなってしまい大変なことになりますよね。

バランスというのはとても大事なので、しっかりと時間調整をするようにしましょう。

期末の時期はとにかく課題だらけ

どの専門学校でも、どの様な場所であっても期末の時期というのはとても忙しいです。

特にイラストの場合は、先ほども言ったように時間をかけて書き上げるようなことも多く、レポートなどの提出もある場合があります。

その時期というのは様々な講義で出た課題を終わらせなくてはいけません。

優先順位などを決めていたとしても、時間はあればあるほどゆとりを持って取り組むことができますよね。

ですが、まだ期間があるからと言って手をつけていない状態になってしまうと、ずっと徹夜でしなければいけないという事にもなりかねません。

また、この様な期末というのは試験などもあります。

イラストについての勉強をしなくてはいけないので、絵だけを書き上げても筆記などで点数が低いと単位なども危うくなってしまいます。

計画を持って取り組む

計画を持って取り組むことはゆとりを持つことにも繋がります。

直ぐに課題が出たら取り組むイメージを持つことでサクサクと終わらせることができるでしょう。

ですが中には時間をとてもかけるものもあります。

その場合は、学校に残って作業をしたり、家に直ぐに帰り作業をするように心がけましょう。

課題は何個もあるからと言って疎かにしてしまうと、自分自身の力をつけることができなくもなってしまいます。

特にイラストなどは、手を抜いているというのが一目で分かるようなものです。

普段とは違うようなイラストであったり、少し違うと感じた場合は直ぐに指摘なども入るほどです。

時間が無く雑に仕上げるより、時間をかけてじっくりと仕上げるように心がけましょう。

多忙な中で他の人達と差をつけるにはとにかく書き上げること

個性というものが大事になるので、いかに表現を出すのかというのはイラストでも大事なことです。

特に専門学校となれば、同じように個性の強い人達が多く、周りに負けたくないと思う競争心も出てくるのではないかと思います。

そこで大事なのは、しっかりと書き上げるということです。

講義にしっかり出て、勉強をするというのもおすすめですが、それだけではなく、実践をすることが大切になります。

イメージ通りに思い浮かばなくても、とりあえず手を進めるということが想像力などを更に鍛えることができるのです。

特にこれは何回もすることで、直ぐにアイデアなどが思いつき、イラストに入れることもできます。

個性を出しながらできたものは、必ず評価をされます。

忙しいを理由に手をつけずに後回しや雑に仕上げるというのではなく、しっかりと隙間時間にでも手をつけることがおすすめです。

書きあげたものがうまくいかなかったら時期を見て捨ててしまおう

よく描いたものが上手くいかず、捨てて新しく描くというような人もいるのではないかと思います。

これは頭を1度まっさらにした状態で新しく描くという方法です。

考えたアイデアを使いたいとなれば残しておいても大丈夫ですが、全く違うものになったと納得のいかない場合は新しく考える必要がありますよね。

ですが捨ててしまうというのも、勿体無いと考えてしまうことも多いのではないかと思います。

その場合はその課題やイラストができるまで取っておいて、そのイラストが完成をしたら捨てるようにしましょう。

ヒントにもなったり助かる場合も多くあります。

なので書きあげたものがうまくいかなかった場合は、1度取っておいて、完成をしたら捨ててしまうという方法を取ることをおすすめします。

まとめ

イラストというのは表現がとても大切になり、その人の個性が表れるようなものばかりです。

人によってはこのイラストを見ただけで誰のものか分かるというようなほど、はっきりと分かるのです。

そんな個性を出すには多忙な毎日を乗り越えなくてはいけません。

土日も忙しく課題が多い、アルバイトもあるというのも分かりますが、しっかりと乗り越えることが大切になります。

疎かにしないように、バランスよく生活を送るようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

イラストの専門学校に行っている知人の話し(課題や土日はどうしていたか)
HAL東京
https://www.hal.ac.jp/tokyo/course/anime_illust
東京デザイナー学院
http://www.tdg.ac.jp/dept/illustration/

イラスト専門学校はジャンルによって需要が違う?専門学校選びから大切に

イラストの専門学校と一言で言ってもどのようにイラストを書くかは人によって違います。

アナログとデジタルだけでなく、プログラムを学んでゲームやアプリへの実装を視野に入れるなどより踏み込んだ教育をする専門学校もあります。

キャラクターデザインなどは別に学科をもうけている学校も珍しくないため、学びたいことにあわせて選ぶことも大切なのです。

イラスト一言で言っても分野が広がっている

イラストの専門学校と一言で言っても、どのようにイラストを書くかは人によって認識が変わってきます。

アナログイラストやデジタルイラストを学ぶイラストレーション学科を作る専門学校は多数ありますが、3Dやキャラクターデザインなど再分化が進んでいるケースも多いからです。

アニメーションなどを学ぶ場合や、ゲームグラフィックとしてのイラストを学ぶ場合も意味合いが異なってきます。

広く薄く学ぶのも選択肢に入りますが、専門分野を深く学ぶのも選択肢になります。

自分の将来の仕事を左右する内容になるため、学校と学科選びの両方に気を使った方がプラスになることが多いのです。

それぞれのメディアで特徴が違うのもポイントになってくる

有名イラストレーターが様々な分野のイラストを書くことは珍しくない一方で、様々なメディアで専属イラストレーターとして働く人も存在します。

メディアによってそれぞれ必要とされるスキルやイラストに求められる特徴が異なることには理解が必要です。

たとえば、ゲームでは3D技術が使われることが増えているほか、アプリの場合は2Dのイラストを動かすLive2Dなどの技術が使われることもあります。

Webメディアであればプログラムでイラストを動かしたり演出を含めてムービーに刷ることも含め、様々な技術が求められるようになっているのです。

技術を身につければ就職活動に大きな影響を与えるだけでなく、給与面にも違いがでてくるのです。

専門学校ごとに分類が違うためチェックが必要

イラストの専門学校に通うことを考えるのであれば、学校ごとの学科の区分や学費の違い、学べる年数の比較が重要になります。

短期間で卒業できる学校もありますが、それで自分が欲しい技術が身につくかは話が別です。

また、全国展開する専門学校の場合は、都心でなければ存在しない学科があるケースも有ります。

専門性が高い技術の場合は教えられる講師自体が少なくなるのもポイントで、人口が少ない都市の場合はマッチングが難しくなりがちだからです。

東京、大阪はそれだけ選択肢が増えるのが一般的で、札幌、福岡、名古屋や広島、仙台などの都市は若干選択肢が減ります。

一般的なイラストを学ぶだけで物足りないと感じる場合は良く考えて比較する必要があります。

学べる学科がある専門学校に通うため、引越しを検討する人も存在するのです。

専門性が高いほど給料が高くなることが多い

イラストは専門性が高い仕事である一方で、競合が多い仕事でもあります。

ただイラストを書くだけでは高い給料を確保することが難しく、営業に関する工夫などが必要なことがあるのです。

しかし、3D技術など学ぶハードルが高いものはそれだけ給料が高くなることが一般的です。

また、需要があるのに人材が少ない分野を学んだ方が就職に直結する可能性が高くなります。

Webデザインも含めたイラストレーションを学ぶ場合にプログラムに触れることがあるのは、それだけ需要が高いからでもあるのです。

イラストに専念したいからと学ばない人がいる一方で、学んだ人の方が仕事に恵まれるケースも多くなります。

現実的に生活できるようにするために技術を学ぶという人は多いのです。

就職したい企業から専門学校を選んでいくのも方法

イラストの仕事をする上で、目標にしている企業、働きたい職場がある人もいます。

自分がしたい仕事や企業に合わせて専門学校を選んでいくのも方法で、実際に就職の実績があるかどうかをチェックする方法もあります。

特に上場企業に卒業生が就職している場合は学校の広報に実績が載るケースが珍しくなく、代表的な生徒と作品が紹介される場合もあります。

OBやOGがいることで就職に苦労したことなどを聞ける機会が増えることも多く、学校の実績から学びたいことを決めて行くのも方法なのです。

イラストの仕事はしたいけどどの学科を選べば良いかわからない場合は、働きたい企業を考えた上で絞り込んでいくのもおすすめになります。

学校選びだけでなく学科とのマッチングも考えること

イラスト専門学校選びは、学校の実績だけでなく企業とのマッチング度合いを考えることも大切です。

これは同じ企業でも主要な顧客が変化していることも多いからです。

たとえば、ゲーム会社の場合はスマホで遊べるアプリ市場を無視できなくなっています。

アプリのイラストを考える場合はキービジュアルを作るだけでなく、アプリ内でどう動かすかも考える必要があります。

イラストレーターが調整できる範囲が広がりつつあるのもポイントで、学校で学んでから就職するのか、就職してから学ぶのかで戦力としての違いがでる場合もあるのです。

過去実績でどの学科の卒業生が就職しているのかだけでなく、現在の主流がどんな業態かもチェックする必要があります。

求められる仕事の内容が数年で一変することもあるため、変化を前提に学んで備えることも大切になっているのです。

企業で働くのかフリーランスで働きたいのかでも違いがでる

イラストレーターの中にはフリーランスで働いている人もいます。

フリーで働くことに憧れる人がいる一方で、専門学校を卒業してすぐにフリーになることは難しく、企業で経験を積んでから独立するのが一般的になっています。

これは知名度が低いと仕事を掴むことが難しいだけでなく、お金を得るためのノウハウ自体を学ぶハードルが存在することです。

一方で、学生時代から様々なイラストを販売し、実績を積む人も珍しくなくなっています。

実績があればポートフォリオとして就職活動時に活用できるためです。

実績がなければ評価が難しいのがイラストやデザインの分野になるため、学校で学ぶ以外にも積極的に創作活動をしているかどうかで力量の評価も大きく変わります。

学生時代にスキルを磨いて新卒からフリーランスを選択する人もいるため、どうしても企業が合わないのであれば選択肢に入れるのも方法なのです。

ただし、フリーで仕事をするにしても需要があるかは大切になるため、まずは需要があるイラストの仕事は何かから見極める必要があります。

企業で学ぶことと学校で学ぶことをわけている人もいる

フリーランスを目指すにしても一度企業に就職する人が多いのは、イラストを支える産業構造を学べるからです。

企業に一度就職して働けば、実際のイラストの仕事がどんなものか、どの程度の給料が相場なのかもわかりやすくなります。

お金に関することを調べても、実際に働かなければわからないこともあります。

そのため、学校で学べる期間は学校で学ぶことに専念し、企業で学ぶべきことは就職活動に入ってから学ぶというのも選択肢になるのです。

研修がしっかりしている企業につくことを前提に、可能な限りイラストの専門知識を学ぶなど、自分なりの人生設計も組み合わせられるとさらにプラスになります。

まとめ

イラストの専門学校は様々な学科があり、学べることが大きく異なります。

社会がイラストレーターに求める需要が大幅に変わっているのもポイントで、需要に応えられる仕事ほど就職の難易度も下がるのです。

給料面にも影響するためただイラストを学びたいのか、イラストでしっかりと食べられるようになりたいかは考える必要があります。

専門学校によって就職に強い企業も変わってくるため、過去実績をあわせてチェックするのがおすすめになります。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.tdg.ac.jp/dept/illustration/media/

せっかく入ったのに!イラストの専門学校を途中で辞めてしまう5つの理由

希望を持ってイラストの専門学校に入学しても、途中で辞めてしまう方もいます。

では、そのような方たちは、どのような理由で専門学校を辞めてしまうのでしょうか?

ここでは、イラストの専門学校を途中で辞める理由を紹介していくので、イラストの専門学校に入ろうと思っている方は参考にしてみてください。

辞める理由を知っておくことによって、途中で辞めることを防げることもあります。

経済的理由

「イラストを上達するぞ」と強い思いを持って専門学校に入っても、経済的理由で辞めてしまう方もいます。

多くの経済的理由というのは学費が払えなくなることで、専門学校に通うには当然お金を払う必要があります。

学費は安くはないので、毎日切り詰めて生活している方にとって学費を払うことは大変なことです。

やる気があっても、経済的な理由で学費が払えなければ、途中で辞めても仕様がないですよね。

学費を稼ごうとしてバイトが忙しくるなる

中には、学費を稼ごうとしてバイトを入れすぎてしまう方もいます。

バイトを入れすぎることで学校に通うことができなくなるのは、本末転倒です。

専門学校に通うためにバイトをしているのに、バイトのせいで学校に行けなくなっては意味がありません。

学費を稼ぐためにバイトをするのは仕方のないことですが、学校に通える範囲でバイトをするようにしましょう。

思ったよりもイラストのレベルが低い人が多いから

イラストのレベルが低い人が多いという理由で、イラストの専門学校を辞めてしまう方もいます。

イラスト関係の仕事に就きたくて、イラストの専門学校に来るくらいの人達だから、周りのレベルは高いと思っている方もおり、レベルが高い人達の中で勉強することによって上達できると思い入学する方もいます。

しかし、専門学校に入る人は、必ずイラストが上手いとは限らず、ただ単にイラストが好きという理由で入る人もいます。

イラストを基礎から学ぶために行く学校なので、イラストがヘタな方たちが多くいても当たり前で、レベルの高い方はほんの一握りくらいだと思った方が良いです。

イラストのレベルが高い人達の中で、刺激し合って上達できると考えて入学した人は、周りのレベルが低いことでショックを受けてしまい、辞めたいと思ってしまう方もいます。

始めからイラストが上手い人なんていないのだから、入学した頃はレベルが低い人が多いのは当たり前といえば当たり前です。

イラストのレベルが高い人が少ない理由

先程も話したように、始めからイラストが上手い人なんていなく、イラストをこれから学ぼうとして入学する人が多ければ、周囲のレベルが高くなくて当然です。

イラストの専門学校というと、なんだかイラストが上手い人達の集まりみたいな気がしますが、多くの学校は実技試験を行っていません。

つまり、イラストがヘタでも入学できるということになります。

イラストがヘタでも入学できることから、「現時点でイラストが上手くないけど、イラストに興味がある」という人も多く入学することになります。

また、「大学には入れないから、とりあえず専門学校に行こうかな?」と思うイラスト好きの方もいることでしょう。

大学の場合、試験に合格しないと入れませんが、実技試験のない専門学校の場合は簡単に入ることができます。

それらの理由から、入学した頃は、周囲のレベルはそれほど高くないといえます。

自分のレベルと授業のレベルが合わない

イラストの専門学校を途中で辞める理由として、自分のレベルと授業のレベルが合わないということも挙げられます。

イラストの専門学校にはイラスト初心者も多く入学するので、始めからレベルの高い授業を行うことはできません。

初心者を効率的に上達させるためには、基礎から教える必要があります。

ですが、レベルが高い人にとって基礎の授業は退屈に感じてしまいます。

退屈に感じることによって、「高い学費を払って専門学校に通っていても意味がないんじゃ」と思ってしまう場合もあり、学校を辞めてしまう方もいるのです。

基礎から学び直すことも成長のためになる

入学した時からイラストのレベルが高い方でも、「基礎から学び直すのは自分のためになる」と思う方もいます。

そのような方は、途中で専門学校を辞めることはないでしょう。

基礎から学び直すということは、人によっては時間の無駄に感じてしまいますが、人によっては成長するのための発見をすることもあります。

そのため、「そんな基本なこと知っているよ」ということを学び直すのは、無意味なことではない場合もあるのです。

「意味がない」「時間の無駄」などといってる方は、自分がレベルアップするチャンスを逃しているかもしれません。

好きでなくなったり飽きたりしたため

イラストの専門学校を途中で辞めてしまう理由として、イラストを描くのが好きではなくなったり、飽きたりしてしまうこともあります。

イラストの専門学校は、当たり前のことですが、年がら年中イラストの勉強をします。

毎日イラストの勉強をすることによって、好きだったイラストが嫌いになったり、飽きたりしてしまうことがあります。

そのようになってはイラストへの情熱は冷めてしまい、専門学校を辞めることを考えてしまいます。

確かに、好きでもないことを毎日勉強するのはとても辛いことですからね。

途中で辞めるのは勿体ない

イラストへの情熱が冷めたとしても、途中で辞めるのは勿体ないことです。

せっかく高い学費を払ってまで勉強してきたのですから、卒業するまで頑張るべきです。

卒業まで頑張ることによって、もしかしたらイラスト関係の仕事に就けるかもしれないし、他の職業に就くにしても有利になります。

そこで、「嫌いになったイラストの仕事に就いても仕様がないじゃん」と思う方もいるかもしれませんが、再びイラストが好きになる可能性もあります。

そのため、卒業しておいて損はないので、途中で辞めようと思った時はすぐに辞めるのではなく、今一度よく考えるようにしてください。

希望しているところに就職できないと思って辞めてしまう

イラストの専門学校を卒業したからといって、必ずイラスト関係の就きたい仕事に就ける訳ではありません。

専門学校を出た後に希望していた仕事にすぐ就ける方は、それほど多くはありません。

では、イラスト関係の仕事に就けない方はどのような仕事に就職しているのかというと、当然イラストとは関係のない仕事に就いています。

また、就職しないでアルバイトをしてフリーになる方もいます。

そのようなことから、「イラストの専門学校に行っても意味がないのでは?」などと思い、専門学校を途中で辞めてしまう方もいます。

学校に通っていて一生懸命イラストを学んでいても、希望のイラスト関係の仕事に就けるとは限らないので、途中で諦めて辞めてしまうのも仕方ないことでしょう。

卒業することは良いこと

先程の話から、「専門学校を卒業しても意味がないんでは?」と思う方もいるかもしれませんが、卒業まで頑張って無事に卒業することは良いことです。

卒業まで通うと学費はかかりますが、卒業という証を貰うことができ、新卒で就職活動することができます。

卒業するのとしないのとでは、就職したい企業からの評価は変わってくるので、就職に絶望することがあっても途中で辞めないで最後まで通うことをおすすめします。

ですが、「良く考えた結果、卒業まで頑張るのはどうしても時間の無駄」という場合は、辞めても良いかと思います。

まとめ

イラストの専門学校に通う前に、ここで紹介した辞める理由を知っておくことによって、「あ~、こんなことで辞めるんだ」と思い、専門学校に通う上での心構えをすることができます。

心構えをすることによって、途中で辞めることを防ぐことができる場合もあります。

では、毎日専門学校に通って勉強するのは大変ですが、イラストを嫌いにならないように、卒業するまで頑張ってください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://shingakunet.com/journal/column/20170327197077/
https://karenavi.com/vocational-yametai
https://akiramiyagawa.com/quit-the-professional-school-reason/